進化した美容外科手術|未来永劫の美しさをGET

女性

輪郭形成の美容整形

女性の背中

小顔になる手術

角ばったあごやエラを修正して、モデルのような小顔になれる美容外科手術に輪郭形成があります。輪郭形成の美容整形ができるところは、美容外科クリニックの中でも限られます。骨を削る手術なので高度な技術が必要です。普通は全身麻酔をして行うので、設備もしっかり整っている必要があります。あごの骨を削る輪郭形成の美容外科手術は、唇と歯茎の間を切開して、専用のドリルを使って削っていきます。あごの骨を削る手術には、先端だけ削る手術、両サイドを削る手術、中間を切って先端を針金で止める手術などがあります。あご骨以外では、エラ骨を削る手術や頬骨を削る手術があります。すべて口の中からアプローチをするので手術跡が外側から全くわからないというメリットがあります。また、骨自体を削るので効果は半永久的に続きます。手術費用は事前検査費用、手術費用、全身麻酔代など全て合わせると100万円以上するのが一般的です。他院でした外科手術の修正の場合はさらに費用が高くなります。プチ整形ではないのでお手頃な費用で気軽にできませんが、半永久的な効果があることや、しっかり効果が得られることなどから、生まれつきのコンプレックスを解消したい人に人気です。

手術後の経過

美容外科クリニックで輪郭形成の手術をした後は、長いダウンタイムがあります。今は麻酔技術が進化しているので、全身麻酔の外科手術でも、ほとんどのクリニックで日帰りが可能です。手術をした後はひどい腫れが1週間ぐらい続くので、その間は自宅でできる限り安静にしている必要があります。しばらく口がほとんど開けない状態になるので、おかゆやゼリーなどの流動食を用意し、食後はうがい薬を使って口腔内を清潔にしておく必要があります。手術から7日後に抜糸があり、そのときに包帯を外せます。包帯をとってもしばらくは腫れが続くので、外出時にはマスクが必須です。寝ているときは、なるべく頭を心臓よりも高い位置にしておくこと、腫れを抑えることができます。クリニックで渡される鎮痛剤を飲めば、痛みを和らげることができます。輪郭形成の美容整形は、最終的に形が完成するまで最低でも半年はかかります。最初の3ヶ月ぐらいは顔が腫れているので、ほとんど形が分からない状態です。3ヶ月目ぐらいから徐々に腫れが引いて小顔効果を実感できるようになります。さらに患部の肉付きが安定してくるまでに3ヶ月ほどかかります。小顔効果が出るまでの間は長い我慢が必要です。